大津市の新築一戸建てで考える風通しの良さ

subpage01

大津市で新築一戸建てを建てる場合は、長持ちする家を建てる必要があります。
大津市で新築一戸建てを長持ちさせるためには、風通しの良い家造りが必要です。

風通しが良くなると、住宅内に湿気が溜まらなくなり、木材は乾燥した長持ちします。

大津市で新築一戸建てを建てる場合、風通しが悪いと、建物は早く劣化します。風通しが悪いことにより室内に湿気が溜まり、内部結露の原因となります、内部結露は湿気を含んだ室内の暖かい空気が壁の中に入り込み、木部に水滴をつけて老朽化を早める原因となります。

住宅内の風通しを良くする方法には、自然換気と機械換気があります。

自然換気は窓等の開口部を通して、室内の空気が自然に入れ替わるものです。

大津市の新築一戸建ての優良サイトの情報を公開中です。

一方、機械換気は、換気扇等により強制的に空気を入れ替えるものです。



やむを得ない場合は機械換気に頼るにしても、優れた家は自然の力により換気を行っています。家の中の空気の流れは、主に窓によってつくられます。

窓は室内を挟んで2ヶ所以上設け、空気の流れを良くする必要があります。



2階建ての場合は、1階から風を入れ、2階から外へ逃す方法も考えられます。

換気は住宅の場合、床面積の1/20以上の開口部を設置しなければならないことが建築基準法により定められています。

大津市の新築一戸建てに設置されている24時間換気扇は、シックハウス症候群を予防するものです。

換気扇はつけっ放しにすることで、効果的な空気の循環をすることができます。